読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食事

昨日起きたのが夜10時。なので一回目の食事は朝4時ぐらい。

我が領土産のキャベツ、ほうれん草、人参 水菜、鹿児島産豚肉の醤油炒め。トスカーナ産小麦を使ったフランスパン5センチ。

それまでブルーマウンテンコーヒー、高級ダージリンミルクティーを飲み、ブルゴーニュ産のシャトーマルゴー50CCぐらい飲む。

ワインを飲むと食欲出るので野菜炒めを食べられた。

朝7時前に歩く。丁度朝日が綺麗な時間だったのでよかった。

私は領主。我が領土の作物の出来具合いや川、溝の様子を視察。

途中「雑種の犬」の散歩に連れてるしもじもに出会う。

「おはようございます。」と声かけされるのがイヤで帽子を深々と被りうつむいて歩いた。

たまねぎがどんどん育ち、梅の花が満開だった。うんうん、今年も豊作であるようにと願う。どんどん日光が強くなり太陽光エネルギーが稼げると思うとうれしくなった。

うん、我が領土にとって重要な財政源だからな。

 

30分ほど歩くと足が汗ばんできた。

 

我が家に戻ると年老いた親が大きな声で話し、バタバタしてうるさい。

年老いた父親の採血の日らしい。

帰りが遅くなるとか誰にしゃべってるのかわからない。

アーア、人に話す時こっち向いて話せよー。

と心で怒って、洗面所とトイレ掃除。

いそいそと車で年老いた親が出て行き、

「チッ!まった家の事やんのかよー!テメーら出歩いて、家の事押し付けんじゃねーよ!バーカ!」と心の中で毒舌を吐き、不機嫌に居間と台所に掃除機をかける。

 

その後自分の布団のシーツを洗濯し、布団を干す。

いつもどうり、親が片づけない皿やコーヒーカップを不機嫌極まりない心境でガチャガチャ音をたて食器棚に入れる。

 

外出するのも億劫だし、今日の食事の用意をする。

またしてもキャベツ、ほうれん草、水菜、パルマ産のソーセージ。

でも食べる気にならず、自分の部屋の掃除と居間の拭き掃除。

清潔で美しい部屋。私にぴったりだ。

 

おそらく年老いた親は帰宅が午後3時ぐらいだろう。

3時まで起きてられるか?

できれば午後1時ぐらいには洗濯物を片付けたい。