読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

急激な少子高齢化や医療技術の進歩など医療を取り巻く環境が大きく変化する中で、2035年を見据えた保健医療政策のビジョンとその道筋を示すため、国民の健康増進、保健医療システムの持続可能性の確保、保健医療分野における国際的な貢献、地域づくりなどの分野における戦略的な取組に関する検討を行うことを目的として、「保健医療2035」策定懇談会(以下、「懇談会」という。)を開催する。
Dramatic shifts in population demographics and the rapid advancement of medical technology have led to significant changes in the health care field. Within this context, Health Care 2035 Advisory Panel (hereinafter referred to as “the Panel”) has been established to develop the forward-looking and long-term vision of health care policies required to meet the needs of the next two decades with a focus of the year 2035. The Panel will conduct analysis on strategies to address issues including public health promotion, health care system sustainability, contributions in global health, and community development.

保健医療2035 | 厚生労働省

 

財政制度等審議会 財政制度分科会 議事次第

財政制度分科会(平成29年2月8日開催)議事録 : 財務省

各目明細書

各目明細書 : 財務省